プロフィール

    管理人:壱(Ichi)
    皆様のスノーモトライフを様々な角度からサポートしていきたいと思います。
    ユーザー間の情報交換に・・・
    スノーモト愛好家東日本【mixi】
    も運営中です。携帯の方は右のオレンジのQRコードからアクセス下さい!

    soo..
    sup every snowmoto riders!
    I supported SnowMoto riders that make communication,give information,invent original parts...in Japan/Tokyo. wana slide down snow mountain of all over the world someday!
    If you get interested or sympathetic…
    please contact to me! peace !
    Facebook壱(ichi)

    スポンサーサイト

    --------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告

    A28EVO WIDE 特集 vol2

    2010-07-22

    しばらく間が空いてしまいました...汗
    すっかり真夏の陽気になってきましたね。新雪にダイブしたい今日この頃・・・
    前回に続いてA28EVOワイドの特集をお贈りまします。
    新型スノーモト予約はこちらから

    今回は各所でUPされている『現役ライダー』からのインプレッションをまとめてご紹介!
    スノーバレポ01
    ~レポートライダー~
    なまえ:がんま(西日本大使)
    モト歴:3年(+スクート1年) 初代A28(ATS仕様)ユーザー
    レベル:中級。馬の背を滑落できるくらい。

    ~インプレッション~
    見た目:
     スワローテイルの幅広ボードに力強さがある
     車高が低く見えるのでステップ下にスキーキャリアのアームが通るか微妙かも
     ハンドルはかなりワイド。自分の使ってるZETAのミニモトハンドルとほぼ同等かな?
     フロントとリアの板先端部が直線的なのは見慣れていないため違和感アリ
    持った印象:
     昨年型フレームでマスの集中化ができてるので数値ほど重く感じない

    今までのレポを見てスクートの挙動に似てるように感じましたので
    モトとスクートを意識してワザと4通りで乗ってみました。
    ゲレンデの長さが60メートルしかない上に、私流の乗り方と主観も入ってるので
    「それは違う!」という声もあろうかと思いますが
    軽く読み飛ばして下さい。

    結論から先に書くと
    ・今までとはポジションや荷重が異なる
    ・スクートのようにリアボードの安定性を意識した滑り方ができる
    ・モトの特徴であるクイックな操作性と前後一体のキレるカービングも健在
    ・いいとこ取りのハイブリッドな乗り物。間口が広く、いろんな乗り方ができそう。
    という感じです。

    試した乗り方は下記
    1.初代A28風
     つま先をステップ前部(フレームの曲がり始め)に置いて
     上半身共にフロント荷重を意識した乗り方。
    →フロントが短いので切れ込んでしまい、長いリアボードが遅れて追従するので
     横ばかり向いてまっすぐ進まない。モト乗りがスクートに乗り換えるとまずこれに陥る。
    2.'10エボ風
     足位置は1より若干後ろ。こちらはカカト荷重を意識
    →切れ込みは少なくなるもスライドしたリアが残る感じ。エボと比べると倒し込みが重い。
    3.スクート風
     足位置をステップ真ん中にしてカカト荷重、曲がるときはすねで押し出す感じ。
    →綺麗にドリフトターンができる。うん?これスクートかな。
    4.ステップを一番後ろにして3の要領
     前板がスクートより長い事もあって引っかかり気味で倒し込みが重い。
     ただ、A28ではこの状態で直滑降しかできないので、ギャップで荷重が
     抜けたときも回復ができ、許容範囲が広い。

    3の乗り方でカービングをしてみようと思ったのですが、滑走距離が短いので
    スクートでいうところの「うらもターン」
    (身体を倒してバンクするのではなく、身体の中心に置いた
    モトだけを右に左に倒すイメージのらくらくカービング)
    をしてみたところ、倒し込みの重さを感じずにクイックなターンができます。
    こりゃ本格的にスクートになっちゃったかなぁと思いましたが、
    更に滑り続けると適度に力が抜けて、ナローボードのように
    前後板の一体感があるターンが軽い動作でできてる事に気がつきました。
    スクートだと腰を落として積極的に曲げるイメージがありますので
    (この動作もスクートに乗る時の醍醐味でもあるのですが)
    結論としてはこれはやっぱりモトですね。

    私は初代A28の乗り味は大好きですが、一方でスイートスポットが極端に狭くて
    うっかりギャップに乗って荷重が抜けると一気に直滑降に陥る
    神経質なところは改善して欲しいと思っていたので
    (初級者からステップアップする頃に何度か怖い思いをしました....)
    バランスの変わった10年式フレーム、そして今年のボードと
    ライディングの間口を広げて新しい方向性を出していることを歓迎したいです。

    今度はもっと長い距離をカービングして、新ボードの威力を感じてみたいですね。
    あ、そうそう。リアボードが長く、よくしなるのでバニーホップすると
    自分でもびっくりするぐらいビヨ~ンと跳ねます。
    -------------------------------------------------------------------------------------
    ~レポートライダー~
    なまえ:かじゃぶ(東日本大使)
    モト歴:初代クライトン ST24から
    レベル:最上級
    kajav.jpg
    インプレ参照元・・・スノーモトFAN スノーモト’11モデル情報 #8

    -------------------------------------------------------------------------------------
    ~レポートライダー~
    なまえ:群馬の愉快な二人組
    モト歴:??
    レベル:最上級

    インプレ参照元・・・スノーモトFAN スノーモト’11モデル情報 #6

    -------------------------------------------------------------------------------------
    snowscoot-underground
    anthonyさんの記事より抜粋 2010-11 New SNOWMOTO

    -------------------------------------------------------------------------------------

    スノーモト情報 コメント: 0 トラックバック: 0

    < 前の記事 ホーム 次の記事 >






        



    管理者にだけ公開させる

    トラックバックURL
    → http://snowmoto.blog109.fc2.com/tb.php/72-92eae417

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ホーム

    SpecialContents

    【イベント情報】
    雪山イベントは降雪待ちです、シーズンオフも冬の為になるイベントを開催します!雪がない間も偶にはチェッください(笑)
    9/29雪上自転車まつり-2012夏-


    【初心者必見!】
    はじめてのスノーモト講座
    HOW TO RIDE SNOWMOTO
    『スノーモト中古情報』
    滑走可能ゲレンデリスト
    『雪上自転車処』
    SMLBlog QRcode
    QR

    モバイル版 スノーモト愛好家東日本【mixiコミュ】 mixiqr

    kaitaku160

    FEATURED VIDEO

    2012-
    2011-
    SMG神立

    SMG乗鞍
    2010-11
    2009-10

    advertisement

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。